だからこそ。

夫の不倫をきっかけに自分を探し、自分を癒しながら 日々の色々を綴ります。だからこその気持ちで。

辛い出来事の捉え方


f:id:dacaracoso:20211025150331j:image

些細な出来事で

気づいた大事なこと。

 

   ☆☆☆

 

 

わたしは、毎朝 夫の靴を磨きます。

夫の不倫が発覚した後  始めました。

色々問題あっても、家族のために働いてくれている夫への感謝を 忘れちゃいけないと思って。

 

ある日、覚えがないのですが、

玄関のタイルのあちこちに

黒い靴墨が 付いてしまっていました。

洗剤でこすっても なぜか 取れなくて

諦めぎみに。

毎朝 靴を磨きながら

その床の汚れを見て嫌だなと思ってました。

 

ある日、ふと思いつき

メラニンスポンジで磨くと きれいに取れたんです。

 ほっとしました。

そして、その時

玄関のタイルの 全体を見たんです。

 

すると、こすったところだけが 

まわりに比べて明らかに白くなってました。

 

毎日掃除して 水拭きも頻繁にして

キレイだと思い込んでいた玄関。

でも、本当はとても 汚れていることに

その時 初めて気がつきました。

時間をかけて

タイル全部 磨きました。

見違えるほど白くキレイに なり

とても気持ちの良い明るい玄関になりました。

 

 

それだけの話。些細なことでした。

でも、わたしは

そのことが すべて 今の自分に

重なって見えました。

 

 

 

靴墨が付いて汚れたことで

初めて 玄関が 汚れていることに気づき、

そして、

初めて 本気で磨こうと思えて、

その結果、

今までよりも キレイで明るく気持ち良い玄関になった。

 

靴墨が付いて汚れなかったら

我が家の玄関は

 汚れていることに気づかないまま

ずっと汚ないまま。

 

 

靴墨は  夫の不倫。

 

不倫という 辛い出来事が起こったことで、

初めて 夫婦関係に見直すことがたくさんあると気づき

初めて本気で 夫婦関係を見直した。

2人でたくさん時間を費やし、

たくさんたくさん向き合う機会を得た。

そして、結果

今までとは明らかに違う

新しい夫婦関係になれた。

わたしは今、それをとても居心地良いと感じている。

 

 

 

マイナスと思えることが起きて

初めて気づくことがある。

 

マイナスと思えることが起きないと

一生気づけないことがある。

 

もちろん苦しんでいる最中は

そんなことは 考えられない。

一秒でも早く楽にしてくれって願って、

この苦しみから逃げたい 消えたいって

思ってた。

 

でも、少しだけ 地獄のような日々から

抜け出してきつつある今、

そんなふうに思えるようになりました。

 

「すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている」

誰にでも  当てはまること

どんな苦しみにも当てはまること