だからこそ。

夫の不倫をきっかけに自分を探し、自分を癒しながら 日々の色々を綴ります。だからこその気持ちで。

愛する人と一緒にたくさん笑わなかったこと


f:id:dacaracoso:20211017165114j:image
ある本の中にあった

「死ぬ前に後悔したくない 8つの項目」

 

その中の後悔のひとつにあった後悔。

 

愛する人と一緒に、

たくさん笑わなかったこと」

 

わたしは しばらくの間  心がぎゅっと

掴まれたような気がしました。

 

愛する人

夫、子供たち、親、、、。

いつも私のまわりにいてくれて

当たり前の存在になってる人たち。

 

でも、そのすべての人の存在は

永遠じゃなくて、、、。

私も含めみんな、いつか

この世からいなくなる。

悲しいけれど。

 

私は、その愛する人

毎日 笑って 過ごそうとしてるかな?

 

悩みや不安にばかり気持ちが向いて

笑うことを忘れてないかな?

 

 

 

愛する人を失った時に、

または、自分の命が消えるその瞬間に、

 

愛する人と たわいもないことで

笑いあった日々を思い出すと、

きっと 涙が出るほど

かけがえのない瞬間だったと

気づくはず。

 

今なら

その 笑いあえる かけがえのない瞬間を

自分次第でたくさん

味わうことができるのに。

私は 今 たぶん できてない。

 

 

想像してみる。。

命が終わる瞬間に 

「もっと、

愛する人とたくさん笑えば良かった」

と後悔する自分を。

 

その時は

もう どうすることもできないから、

きっと とても とても 切ない。

 

 

当たり前だったものが

当たり前じゃなくなる その時に

後悔したくない。

 

だから

愛する人と一緒に たくさん 笑おう

 

 

 

 

どっち?

幸せになりたい? 幸せになりたくない?

幸せになりたい。

 

笑っていたい? 泣いていたい?

笑っていたい。

 

楽しく過ごしたい? 楽しく過ごしたくない?

楽しく過ごしたい。

 

仲良くしていたい? 仲良くしていたくない?

仲良くしていたい。

 

 

苦しみたい? 苦しみたくない?

苦しみたくない。

 

囚われたい?囚われたくない?

囚われたくない。

 

ひきずりたい? ひきずりたくない?

ひきずりたくない。

 

 

全部 自分が選べる

 

変わりたい?変わりたくない?

変わりたい。

 

自分が なりたい方へ。

変わりたければ 変わらなきゃ 変わらない。

 

 

愛する


f:id:dacaracoso:20211008175823j:image
人を愛すること

 

今だからこそ

真面目に 考えてみたくなりました

 

人それぞれの答があるし、

その時の状況によって答はあると思う。

 

 

 

「あなたが好きだ」って本当っぽいのに

「あなたを愛してる」って

ちょっと キザで 嘘っぽく感じるのは私だけ?

 

簡単に言えない言葉だって

頭のどっかで感じてるからかもしれません。

 

人を愛するとは、

 相手の良いところも

悪いところも

弱いところも

すべて

受け入れる思いがあること。

 

 

あー これだなぁ

と 今は思います

 

だから簡単じゃないはず。

すべてを受け入れるって

相当な覚悟が必要だから。

 

 

人を好きになる。って、

外見が好み。

笑顔が素敵。

優しくしてくれる。

一緒にいて居心地いいなど

相手の 良いところを見て ときめく感情。

比較的 簡単なこと。

 

 

じゃ

人を愛する  は?

 

その好きな相手が

例えば病気や事故でハンデをおった。

変わらず大切に思い、

寄り添いたいと思う。

 

子供が夜泣きで ほとんどまともに眠れない。

子供が反抗期で悲しい。

子供が登校拒否で苦しい。

それでも子供の成長を信じ

見守りたいと思う。

 

 

親が介護が必要になる。

心身共に辛い。

それでも生んでくれた親のため

がんばりたいと思う。

 

 

好きな相手が間違いを犯す。

消えたくなるほど辛い。

それでも 

共に生きていきたいと思う。

 

人を愛するって   

自分の思いどおりに

ならないような 苦しいことが

起こったとしても

それでも その人を思えること。

その人のすべてをひっくるめて

それでも

その人を心から大事にしたいと思えること。

 

とても尊い感情。

 

 

私は今

それを試されてる。

 

間違いをおかした夫を

それでも愛している?

愛せる?

って。

試練。

試練は苦しくて当たり前。

試練が来て

人は初めて考える。

 

わたしも初めて考えています。

夫への愛を。

 

長く一緒に過ごしてきて、

当たり前になりつつあった

夫の存在について、

そして愛について

考える機会を与えてもらいました。

 

だから、私に起こった悲しい出来事は

次に進むための ありがたい出来事。

 

そう信じて

苦しみながらも考え続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三歩進んで二歩下がる


f:id:dacaracoso:20211005170542j:image
ちょっとしたきっかけで

気分が落ちた。

ネガティブの谷底へ。

 

あーあ、また登らなきゃ。

 

些細なことでも

足を滑らして

落ちてしまうんだよなぁ。

 

いや、今回は滑ったんじゃなく、

飛び降りた。

また自分いじめ やっちゃったね。私。

 

 

どうやって ネガティブの谷から

這い上がろうか?

 勇気を出して 1人カラオケ

行ってみた。

1時間のつもりが結局2時間。

 

誰もいないから本気の熱唱。

これがすごく楽しかった!

 

1つ経験値が増えた。

 

 

悩んだからこそ 、

こんな時だからこそ、

自分じゃない自分に変化してる。

 

 

一人でbarにお酒飲みに行く人になったし、

電車に乗り遅れそうな時だけ走って息を切らしてた私が

今は ランニングパンツ履いて 音楽聴きながら

爽快に走るランナーもどきとなった。

ゴルフも始めた。

 

こうやって ブログも書き始めた。

髪も染めた。

 

今日は

それに1人カラオケも加わった。

 

まんざらじゃないよね。私。

 

 

同じことで

悩んで落ちて 這い上がって

また落ちて這い上がってのくり返し。、、、

疲れるなぁ。

 

まさに、

三歩進んで二歩さがる

うん。それで、いい!!

 

水前寺清子さんの歌を思い出します。

 

しあわせは 歩いてこない

だから歩いて ゆくんだね

一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる

人生は ワンツーパンチ

汗かき べそかき 歩こうよ

あなたのつけた 足あとにゃ

きれいな花が 咲くでしょう

 

 

なかなかスタート地点から前に進まないけど、

ゆっくりでいいや。

 

行ったり戻ったりを

何度も繰り返してる

この苦しい道のりも、

 

後で振り返れば 

必死になったぶんだけ

 

きれいな花がたくさん咲く日が 必ずくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめないで。


f:id:dacaracoso:20211003202601j:image

 

過去に囚われて
その過去の出来事を 取り出しては 苦しみ
取り出しては苦しみを繰り返してる自分。


今まで
その過去の出来事が 自分を苦しめてる
と思っていました。


でも、ある人の言葉で
気づきました。

自分を苦しめてるのは、
過去の過ぎ去った出来事ではなくて
今の自分だ。


いつまでも
自分で何度も取り出すから苦しい。
自分で 自分をいじめてる


例えば、
お散歩中
ある道には 必ず狂犬がいて

それに手を噛まれたとしたら
次からはその道は通らない。


壁に穴が開いていて
その中に手を入れたら
中に 釘がいっぱい刺さってて
それが 刺さって痛い思いをしたら
二度とその穴には手を入れない。


過去の出来事を 何度も取り出して苦しむのは
その狂犬をわざわざ見に行くようなもの。
その穴にわざわざ手を入れるようなもの。

まさに    自分いじめ。


お願い   自分に優しくして。
お願い   自分で自分をいじめるのはやめて。

自分には
楽しいこと、気持ち良いこと、嬉しいことを たくさん味あわせてあげようよ。

ね!   自分!

誰か助けて


f:id:dacaracoso:20210930122905j:image
自分のキャパを超えたんじゃないかと 

思うぐらいの悩みに直面し、

苦しくてどうしようもなくて

 

誰もいない部屋で

思わず

「誰か助けて!!」

と泣きながら叫んでいました。

 

心の叫びだったと思います。

 

夫の不倫は

こんなに苦しいものだと

想像できませんでした。

 

病気と違い、「全治何ヵ月」のない

心の傷。

バックり開いたまま

血がダラダラ流れてるのに

止める方法がわからなくて、

痛くて痛くてたまらない。

こんなに、苦しいなら

殺してくれた方が良かったと

何度も思いました。

 

誰でもいいから

私を助けて!

どんな方法でもいいから

私を楽にして!

 

 

友だちや、親、カウンセラー

いろんな人が 私に手を差しのべてくれました。

当事者の夫までもが、ボロボロの私の手を

とって なんとかしようとしてくれました。

 

 

でも、

誰もわたしを助けることはできなかった。

 

寄り添ってくれて、

慰めてくれて

励ましてくれて

本当にありがたい存在。

感謝しています。

 

でも、その時は 涙を拭くことが出来ても、

心の傷は開いたまま。

一人になると また 痛くて苦しいのは変わらない。

 

心の傷をとじ

わたしを助けることができる人は、

 

時間がたって ようやく わかりました。

 

 

自分を救ってくれる唯一の人。

それは自分。

 

 

下を向いている顔を

上に向けて青空を見せてあげられるのも私。

涙を止めて、笑顔を作れるのも私。

 

自分の好きな癒される場所に自分の足で歩いて行き、

自分が食べたいものを自分の口で食べ、

元気のでる音楽を自分の耳で聞く。

 

自分を自分でギュッといつでも抱き締めて

深い呼吸で 自分の体に

新鮮な空気をたくさん

送ってあげる。

 

自分で 楽しいことを考えて、

自分で 嫌な考えを振り払ってあげる。

 

ぜーんぶ、自分にしかできないこと。

自分で 自分のために おもいっきり

甘えさせて、癒してあげて、

寄り添ってあげて、気持ちを聞いてあげて、

そうやって

少しずつ 少しずつ

傷が癒えてきたように思います。

 

たくさんの人の手を借りるのも

とても温かくてありがたいことだけど、

 

最後は 自分自身でしか 自分を救えない。

 

「誰か助けて」

と泣いていた自分に

今 戻って言ってあげたい。

 

「私が助けてあげるよ」って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が 揺れる


f:id:dacaracoso:20210925124334j:image

 

良い気分を

ずっとそのまま固定できたらいいのに。

 

なーんにもなくても

例えば天気が良いだけで

楽しいなぁ 幸せだなぁと

思える日もあるのに、

 

なーんにもなくても

例えば 朝起きただけで

なんのために生きてるのかなぁと

思う日もあって。

 

 

調子が良いときは 

周りの景色が明るく キラキラ見えて

ワクワクするのに、

 

調子が悪いときは

周りのが明るく キラキラ見えて

自分だけ 取り残された気になる。

 

心がいつも揺れてる。

あっちにいったり

こっちにいったり。

 

振り子のよう。

 

振り子は 止まらない限り 固定できない。

 

人も 生きてる限り 心は揺れ続ける。

 

生きてるんだから、仕方ない。

揺れることは 自然なこと。

どっちの自分も 受け入れよう。