だからこそ。

夫の不倫をきっかけに自分を探し、自分を癒しながら 日々の色々を綴ります。だからこその気持ちで。

大変なことは 大きく変わるため


f:id:dacaracoso:20210905114345j:image
大変なことが起こる

それはだいたい 困難なことや、辛いこと。

でも それは文字通り

大きく変わるチャンス。

 

私にも これまで大変なことが

いくつも起こりました。

でも、

今思えば それらが 転機になったり、

なにか 大きなことに結び付いてる気もします。

 

少し長くなりますが

私のことを書きます。

 

 

大変なこと。

ひとつは 病気。

一生 気に止めておかなくてはならない

面倒なものになりました。悩みました。

 

でも、

そのおかげで  健康に気をつかうようになり

今まで 運動習慣の全くなかった私が

定期的に運動をし、体に良いものを食べ

思考や生活がガラリと変わりました。

三日坊主の 意思の弱い私には

病気になるという

大変なことがなかったら

私は ずっと変われなかったと思います。

 

 

大変なこと。

もうひとつは

お金。

 

思いがけず ある苦しい理由で

何百万円もの大金を 一度に失いました。

とても大変でした。

もちろんこれも悩みました。

 

この件は、その後の私を大きく変えました。

それまでのわたしは 良く言えば節約家。

悪く言えばケチでした。

通帳にお金をコツコツ貯めるのは

もちろん良い事です。

でも、その時の私の気持ちが

良くなかった。

 

夫のお給料に対する不満を持ちながら

必死に貯めてる感じ。

なんのために貯めているのか目的もなく、

ただ将来の何となくの不安のためでした。

お金を使うときは もったいなぁという気持ちで払っていました。

そんな風にして貯めたお金を

あっという間に失いました。

 

お金について考える機会になりました。

すると、

時間が経って 私の意識が変わっていることに気づきました。

私には 感謝の気持ちが足りなかった。

夫のお給料を感謝の気持ちで受け取り、

使えるお金があることに感謝しながら

気持ち良く支払う。

目的をもって楽しみながら貯めて、

誰かを喜ばせるために お金を使う。

 

そんな気持ちの良い感覚が

お金に対してなかったと思いました。

きっと、離れるべきして 離れていったお金なんだと思います。

 

もし、お金に気持ちがあるとしたら、

眉間にシワを寄せ

少ないだの、もったいないだの

不満に思いながら、

通帳に閉じ込められたり、

支払われたお金は

きっと 気持ち悪かっただろうなぁと思います。

 

 

もし、何百万円もの お金を失うという

大変な事件がなければ

私の心の変化はなかったと思います。

 

 

それから、大変なことは 重なりました。

お金を失った事件には 続きがあります。

 

わたしは、

お金のトラブルに大きなストレスを感じ

まったく眠れなくなりました。

 

夜が長くて長くて辛かった。

そのせいか

まぶたの痙攣が 頻繁に出るようになりました。

 

そこで 病院に行き、

MRIをとって詳しく調べてもらいました。

 

医師から言われたことは

「目の痙攣は 寝不足やストレスが原因ですので、病的なものではないです。

心配はいりませんので休養を」

ほっと安心しました。

が、

その後続けて言われました。

「それとは 別ですが、

MRIの画像を見て

脳に大きな動脈瘤が見つかりました。

血管が風船のように膨らんでる部分があります。

これは無症状なので

普通は気付かないものです。

でも もし これが破裂したら、

即死 または 大きな障害が残ります。

今回たまたま見つかったから良かった。

治療をすすめます」と。

すぐに入院して治療することが出来ました。

 

もし 、お金の問題が起きなかったら、

私はストレスを感じることもなく、

病院に行くこともありませんでした。

 

自分の頭の中にある 爆弾を

絶対に見つけることができなかった。

私は死んでいたかもしれない。

そう思うと

お金の問題も 不眠になったことも

すべて 私のために起こった 大変なことだと

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

 

そして、

最大の大変なこと。

夫の不倫。

私にとっては 何より苦しかった。

 

でも、結果だけ 一言で言うならば、

 

新婚の時みたいに 仲良くなれました。

 

長く一緒にいたから

見えなくなっていたもの、

いつの間にか欠けてしまっていたものなど、

たくさんのことに あらためて気づきました。

 

二人で たくさん話し合い、感情をぶつけ合い、

離れることも考えました。

この数ヶ月 ほとんどの長い時間 

二人ですったもんだしていた気がします。

 

最初は 被害者と加害者でした。

でも、いつの日からか

不思議と 二人で乗り越えるという

意識に変わりました。

他の人には、

あまり 理解されない感覚かもしれません。

 

心が荒んでめちゃめちゃになってた私と

それに対して

必死になんとかしようと奮闘している夫の

ドタバタ劇みたいな感じかな。

色々ありながらも

結果 ありがたいことに

流れは良い方向へ良い方向へ向かいました。

 

私は今まで夫に対して、

こういう妻になりたい、

こういう女性でいたい、

という理想はありながらも

長い年月を一緒に過ごすうち、どうしても

それとかけ離れていってしまう自分がいました。

気づいていても なかなか変われませんでした。

こんな、妻 かわいくないだろうなぁと

思う時もありました。

 

 

でも、分かっていても

そんなに切羽詰まってない事に対しては

後回しになったり、

意志が弱くなったりしますよね。

私がそうでした。

 

私は

夫婦にとって大変な出来事が起きたことで

お互い真剣に向き合って、将来のこと

お互いの性格のこと、相手をどう思い、

どのくらい必要としているか、

これからも一緒にいるのか、

別々の人生を歩むのか

そんなことを

後回しに出来ないぐらい切羽詰まった状況で

何度も何度も話し合う機会を持ったことで

少しづつ 自分の気持ちとも、

しっかり向き合い

こうなりたかったという妻に

今すぐなりたいと

夫に対する行動や 言葉を

変えることが出来ました。

夫も それまでの夫と 大きく変わり

お互い居心地が良い関係になっています。

 

まだ心の傷が癒えてないし、

許せてないし

思い出して辛い時もたくさんあるけど

それは それ。

時間が必要なこと。

 

それはまだまだ 二人ですったもんだしながら

やっていこうと思っています。

これからも一緒にいると 二人で決めたから

私の心の傷は

夫にこれからも責任もって

なんとか治療してもらいながら、

私も自分の治癒力を信じる。

そんな感じです。

 

 

これまで 大変なことはたくさんありました。

その渦中の真ん中にいるときは

苦しみ もがき

消えてしまいたいぐらいの日々。

 

でも、あとから振り返ってみると

起こったことに 意味があったと思えます。

 

大変なことは

大きく変わるチャンス

 

良く変わるか?

悪く変わるか?

 

それは自分次第。

物事の捉え方で どっちも 自分で選べるはず。

 

良い方へ。

良い方へ。

 

せっかく 大変なことを 乗り越えるんだから

 

自分の幸せに繋がる方へ。

 

大きく変わりたい。